LCC搭乗記-春秋航空日本(Spring Japan)編-

February 28, 2017

※2018年2月現在、当記事で紹介している成田=関西線の運行並びに737円セールは行われていません。
 

利用便
往路:IJ651便 成田(NRT)T3 11:55→関西(KIX)T1 13:55

復路:IJ656便 関西(KIX)T1 19:50→成田(NRT)T3 21:15
※IJ656便は2017年3月より減便予定


こんにちは。ツアーガイドNです。

成田空港見学ツアーで第3ターミナルを訪れる際に、格安航空会社LCCと従来の航空会社FSC(Full Service Carrier)のサービス概念の違いについてお話をさせて頂いてます。が、実際にLCCを利用したことが無い人にとっては、正直怖くて利用できない…なんて感覚があるのかもしれません。
 

そこで、今回はツアーガイドN自らがLCCを利用し、レポートを作成しました。
LCCに対する理解が深まり、空の旅がより身近になるきっかけになれば幸いです。

 

国内LCC顧客満足度1位の実績

 

さて、今回利用するのは春秋航空日本 Spring Japanです。

中国の航空会社春秋航空の日本法人が運航するLCCで、中国本土と成田を結ぶ国際線に加え、国内線も4路線運航しています。ちなみにこのSpring Japanですが、国内線のLCCにおいて2年連続で顧客満足度1位を獲得しています。


LCCの顧客満足度調査…国内線は2年連続で春秋航空日本が1位、国際線はエアプサン

 

このSpring Japanですが、毎月7日に国内線のチケットを737円で販売する超お得なセールを実施しているんです!!

なぜ737円なのかというと、運航している機体がボーイング737という飛行機だからなのです。ちなみにこのボーイング737ですが、エアバス社製のA320と並んでLCCで良く使われている機材。通路が1本しかないナローボディ機で、通路を挟んで3-3の座席配置。定員は160名~190名程度です。


今回はこの737円セールをフル活用して、成田空港と関空(関西国際空港)を往復することにしました。

 

Spring Japan 春秋航空日本公式サイト
 

諸手数料は別途支払いが必要!


上記が利用明細です。

まず航空運賃ですが、737円×2(往復)で1,474円となっています。

 

続いてPSFC。これは空港使用料とも言われるもので、成田空港の各ターミナルを使用する際には必要な料金です。ちなみに第3ターミナル発着の国内線は、出発・到着共に380円となっていますので、往復で760円となります。

旅客サービス施設使用料(PSFC)および旅客保安サービス料(PSSC)

 

そして少々厄介なのが支払手数料です。

クレジットカード決済またはコンビニ決済を利用すると、航空券1枚に付き430円の支払手数料が必要となります。往復なので860円となります。

 

最後に付帯サービス料ですが、今回は往路のみ座席指定を行いました。
富士山が見えるよう、窓側のF席を指定してみました。復路は夜便なので、どうせ景色も拝めないということで特に指定はしませんでした。

 

というわけで、成田空港⇔関西空港の往復で3,494円となりました。単純に2で割ると1,747円!たったこれだけで成田空港から関空へ行けてしまうのです。

 

もっとも、今回はラッキースプリングという区分の一番安いチケットです。

受託手荷物を預けたい場合や、変更・払戻が出来る条件でチケットを購入したい場合はもっと高い運賃を支払わなければなりません。

 

Spring Japan 運賃の種類と特徴
 

往路:IJ651便 成田(NRT)T3 11:55→関西(KIX)T1 13:55


 Spring JapanはLCC専用の第3ターミナルを発着しています。高速バスは直接第3ターミナルに乗り入れている便もありますが、電車で成田に行く場合は空港第2ビル駅(成田第2・第3ターミナル)で降りて、シャトルバスに乗って移動する必要があります。